心はどこか多摩川へ

ニート!動け!丼いっぱい200円!!

アメイジング・スパイダーマン(2012年)

f:id:bokuhaneetdesu:20170810183545p:plain

ピーターパーカー

 

この映画は、マーベル・コミックのスタン・リー原作「スパイダーマン」をモデルにした作品。

2002年にサム・ライミ監督が実写化し、もともと実写映画化は6部作構成されていたが、新章である4部目にサム・ライミ監督が降板したため、マーク・ウェブが監督を務めた。

世代的にもサム・ライミスパイダーマンが好きで、今日までスパイダーマンシリーズを避けていたが、先日『La La Land』(配給:GAGA)のヒロインであるエマ・ストーンに惚れて、他作品を観てみようと興味を持ったのがきっかけだ。

 

我らのEmma

 

この作品の評価点は、3つある。

 

1. エマ・ストーンが可愛い

2. エマ・ストーンはスマート

3. エマ・ストーンを嫁にしたい

 

以上の3つが私の中で批評をするなら、高得点要素であった。特に私は、エマ・ストーンに首たっけなので、この作品を点数化するなら、1万点をつけたい。

 

感想はただ一つ、エマはストーン

 

誰しも映画について感想を求めたがり、それを見て鑑賞しようと決心する補助輪のような役割を持っている。感想というのは、感想者の”主観”であり、必ずしも制作者の思惑や心情に沿った答えを導く訳ではない。しかし、視聴者はそれを大前提として感想を述べるサイトに導かれるように他人の言葉を見にくる。

 

私が、この映画で言いたい感想は、

 

エマ・ストーンは可愛い」

 

と言いたい。

別に作品自体は、テンポもよく、ストーリーも伏線や矛盾点が見当たらない。ただ、何度も言えるのは、「エマ・ストーンは可愛い」。

なぜか?それは、サム・ライミ版を観た方ならわかるだろう。

 

キルスティン・ダンストと比べて、ルックスに長けている。

そう、それだけなんだ!!

 

もしも、このサイトでキルスティン・ダンスト本人や友人、家族がみていたなら、心して謝るが、これはもう紛れもない事実なんだ。

 

 

 

こんなところで、諦めちゃダメだ。

是非とも、サム・ライミ版と新作版を見比べて、あなたなりの感想を持っていただきたい。私は、どちらとも好きなので、私の主観なしで鑑賞してほしい。

 

 

 

 

 

続きを読む

オーディション(原題:The Audition)

f:id:bokuhaneetdesu:20170806161056p:plain

「カジノでも行くか。スパも行こう」

 

 

有名俳優が出すぎて、この映画は元を取れるのかと製作の立場で見てしまいます。制作費はいくらかと検索をしてみたのですが、IMDbで面白い情報が見つかりました。

なんとこの映画の制作費は、「$70,000,000」とのことだそうです。少し分けて欲しいな・・・

 

 

続きを読む

バディング・プロスペクツ(仮題)【原題:BUDDING PROSPECTS】 1話 シーズン1

f:id:bokuhaneetdesu:20170806160337j:plain

(出典:Amazon CAPTCHA

 

人生を変えたい3人の男たち

 

誰しも人生を生きつまり自分を変えたいと思うだろう。

この3人の男もドラッグやったり、酒に溺れたり、人生が思うようにいかない人間。

さて、どう変えるかが重要であるが、彼らは堕落のスリーカードを持つ人間。

人生奮闘劇の開演。

 

続きを読む

「地下鉄のザジ」と「&Premium」

f:id:bokuhaneetdesu:20170806160041p:plain

チャーミングなひと。

続きを読む

乳酸菌はニコチンを燃やす

f:id:bokuhaneetdesu:20170721000210j:plain

頭はニコチン大魔王

 

 

二郎インスパイアを食べた直後は、二度と行くもんかと誓うも気づいたら、あの油まみれの店内でラーメンを頬張る自分がいる。

 

 

 

恐ろしくも人間は、”中毒”に侵されやすい生物であり、その一つとしてニコチンが体を侵食する。

 

 

 

朝起きれば一服。食後に呑みに行けば一箱はなくなる。そうタバコに含まれるニコチンは、私を殺すアイテムであり、天国へと誘う。

 

 

 

死ぬ気で止めれば済む話だが、どうも体に馴染んでしまったようだ。

しかし、私は日本一周を機にやめる。

 

 

 

いつもそばにいた黄色の悪魔と別れるのは、良いことであるも少し寂しい。

私の断片は、こんなものではない。

 

 

 

デカ・マラ最高!!!

ハクション大魔王 ブルーレイBOX<8枚組> [Blu-ray]

 

 

 

極楽寺には秘密基地がある

f:id:bokuhaneetdesu:20170719221310j:plain

 

【レトロ秘密基地 やこぜん】

 

先日、鎌倉に行く機会があった。

江ノ電は、ゆらゆらと進む。ふと、『海街diary』を思い出し、舞台であった極楽寺に降りた。

 

 

セミが「ミーン、ミーン」と五月蝿く鳴いているが、極楽寺の静かな森と家々を見ると、不思議と心地が良くなる。夏が来たか。

 

 

極楽寺駅から長谷寺駅に向けて数分歩く。すると、変わった看板を見つけた。

 

「なんだ、これ」

 

自然と口から思ったことが溢れだす。

 

f:id:bokuhaneetdesu:20170719221750j:plain

どうぞ御自由に潜入して下さい。営業中

 

 

怪しいより、面白そう。冒険しているようで、一歩進むごとにレトロな品々が、玄関へと導く。

 

 

500円で、レトロゲームをやり放題の、大判振る舞いなお店。

 

 

店内には、数々の名作ゲームが揃っており、1日ではやりきれないほど楽しめる。

 

 

f:id:bokuhaneetdesu:20170719222149j:plain

中華やピザの出前ができるほど「ザ・実家」

 

 

ゲームだけでなく、今でも使えるドライヤーやカバン、アンティーク品が取り扱われている。昭和生まれであれば、懐かしみ、ついつい買うかもしれない。平成生まれの私でも、昔はこんなのがあったのかと、感心してしまうほど面白い商品がある。

 

 

店長兼住人のやこぜんさんは、元々、古物商をしており、友人や知り合いが、店に住みつくようになったことがきっかけでこの店構えにしたそうだ。

まさに逆転の発想。レトロな品々が揃う店内は、昔の状態のように綺麗で美しい。すぐにでも使えるほど、大切に並べられている。

 

 

500円ともあって、毎日のように誰かが足を運び、やこぜんさんは、当たり前のように接してくれる。

 

 

訪れる人は、神奈川はもちろん、東京からもたまたま見つける人が多い。日本各地からだけでなく、台湾や中国、アメリカなど外国からも来る。

 

 

不思議だな。ここは居心地が良くて、夢うつつな気分で時間が過ぎる。

ふわふわと、実家にいるような感じ。

 

 

 

 

【レトロ秘密基地 やこぜん】

住所:〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺2丁目1−18

営業時間:不定休

SNS:【レトロ秘密基地 やこぜん】 (@59yakozen) | Twitter

 

 

 

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

耄碌なのは、少し早い

f:id:bokuhaneetdesu:20170719180820p:plain

 

ボケが激しく、そろそろコンビニに突っ込むほどの老化が訪れている。

 

 

私は、3月に東南アジアへ旅行した。東南アジアに行く人たちは、価値観や人生が変わるなど口を揃えて言う。

しかし、カンボジアベトナム・タイに行ったが、人生が変わるほどの影響はなかった。

 

 

なぜかといえば、それはその地域で当たり前なことであり、日本という平和な国を比較しているからだ。実際に私は、ホーチミンのタクシーで運転手に1万円をスられた経験がある。

 

 

そこで私は、人生を変えたいと考える海外バックパッカーとは違い、日本に生まれ、日本で育ったものの、日本を知らない無知を改善したいと思い、自転車で日本一周を考えた。

 

 

なぜ、海外を行くことで価値観人生観が変わるのか?

目的があればも一つも文句は言わないが、まずは足元から。住んでいる日本について知ってから外を見るべきではないか。それが私の考えだ。

 

 

では、日本一周について私がやる理由を書いたが、スーツ姿での理由は何か??

 

 

 

A. 誰もしてないから

 

 

 

ただそれだけ。

簡単な答えであるが、やるべき価値はある。スーツと人間の限界性が可視化できる。

やるんだ、暑くても寒くても漕ぐ。

 

 

 

走れ自転車!老人Z

老人Z HDマスター版 [DVD]