心はどこか多摩川へ

ニート!動け!丼いっぱい200円!!

アメイジング・スパイダーマン(2012年)

f:id:bokuhaneetdesu:20170810183545p:plain

ピーターパーカー

 

この映画は、マーベル・コミックのスタン・リー原作「スパイダーマン」をモデルにした作品。

2002年にサム・ライミ監督が実写化し、もともと実写映画化は6部作構成されていたが、新章である4部目にサム・ライミ監督が降板したため、マーク・ウェブが監督を務めた。

世代的にもサム・ライミスパイダーマンが好きで、今日までスパイダーマンシリーズを避けていたが、先日『La La Land』(配給:GAGA)のヒロインであるエマ・ストーンに惚れて、他作品を観てみようと興味を持ったのがきっかけだ。

 

我らのEmma

 

この作品の評価点は、3つある。

 

1. エマ・ストーンが可愛い

2. エマ・ストーンはスマート

3. エマ・ストーンを嫁にしたい

 

以上の3つが私の中で批評をするなら、高得点要素であった。特に私は、エマ・ストーンに首たっけなので、この作品を点数化するなら、1万点をつけたい。

 

感想はただ一つ、エマはストーン

 

誰しも映画について感想を求めたがり、それを見て鑑賞しようと決心する補助輪のような役割を持っている。感想というのは、感想者の”主観”であり、必ずしも制作者の思惑や心情に沿った答えを導く訳ではない。しかし、視聴者はそれを大前提として感想を述べるサイトに導かれるように他人の言葉を見にくる。

 

私が、この映画で言いたい感想は、

 

エマ・ストーンは可愛い」

 

と言いたい。

別に作品自体は、テンポもよく、ストーリーも伏線や矛盾点が見当たらない。ただ、何度も言えるのは、「エマ・ストーンは可愛い」。

なぜか?それは、サム・ライミ版を観た方ならわかるだろう。

 

キルスティン・ダンストと比べて、ルックスに長けている。

そう、それだけなんだ!!

 

もしも、このサイトでキルスティン・ダンスト本人や友人、家族がみていたなら、心して謝るが、これはもう紛れもない事実なんだ。

 

 

 

こんなところで、諦めちゃダメだ。

是非とも、サム・ライミ版と新作版を見比べて、あなたなりの感想を持っていただきたい。私は、どちらとも好きなので、私の主観なしで鑑賞してほしい。

 

 

 

 

 

 

監督 マーク・ウェブ

出演 アンドリュー・ガーフィールドエマ・ストーンリス・エヴァンスマーティン・シーン

上映日 2012年

製作国 アメリカ

上映時間 136:00

配給 コロンビア、SPE